専用サーバ/VPSの導入の高いハードル

専用サーバ/VPSの導入のデメリット

専用サーバ/VPSからメール配信をすることで、
メール到達率が上がり、配信数を気にせず自由にメールが送れる

というメリットはお伝えしてきました。

しかし、1つだけ、デメリットがあります。

それが、
「専用サーバ/VPSは導入・保守が難しい」という点です。

 

一般的に、共有レンタルサーバは、非常に簡単に、サーバを利用できます。
だから、サーバ運営スキルのない素人でも簡単に使えます。

しかし、専用サーバ/VPSは玄人・プロ向けのサービスのため、
サーバ運営スキルがある程度ないと、利用できないのです。

 

専用サーバ/VPSからメール配信するメリットは知っていても、
導入の難しさから諦めている方を今まで何人も見てきました。

そこで、そのこの2つの高いハードルをクリアすることに成功したのです

大きくわけて専用サーバ/VPSのハードルの高さは

(1)最初のサーバの初期設定の面倒さ、難しさ
(2)メール配信システムの設置とCRON設定の難しさ

この2つです。

当サービスではこの2つの高いハードルをクリアすることに成功しました!

 

具体的には、
「(1)最初のサーバの初期設定の面倒さ、難しさ」
こちらは、サーバ初期設定を代行してくれるサーバ会社と提携をすることで
クリア
できました。

面倒な初期設定を一切しなくても、
専用サーバ/VPSを利用することができるようになります。

 

「(2)メール配信システムの設置とCRON設定の難しさ」
こちらは、当サービスが無料で作業代行をさせていただくことで、
クリア
できました。

当サイト経由で当サービスと提携しているVPSサーバに申し込んでいただくことで
メール配信システムの設置とCRON設定を当サービスが無料
代行させていただきます。

特にCRONの設定は、
一般的な共有レンタルサーバならばコントロールパネルから可能ですが
専用サーバ/VPSの場合、特殊なソフトウェアを使い、
専用のコマンド入力をしなければ設定ができません。

これが非常に大きなネックになっていたかと思います。

 

専用サーバ/VPSの
(1)最初のサーバの初期設定の面倒さ、難しさ
(2)メール配信システムの設置とCRON設定の難しさ
この2つの高いハードルをクリアできました。

ですから、あなた(御社)は
専用サーバ/VPSのメール到達率が高まるというメリットのみを活かした
メール配信を今すぐ始めることができる
のです!